1. アクセス
  2. サイトマップ
>
山芋とは

 

携帯サイトは
こちらから

山芋とは

 

 やまいもはスタミナ食材として、古来より『山うなぎ』とも呼ばれており、滋養強壮に効果が高いとされています。漢方では『山葯』という生薬名で、人参などと共に上品薬(長く食べても害にならない物)に分類されています。山芋は米の歴史よりも古く、日本では縄文時代以前より食されてきた伝統的な野菜です。

 

 

 やまいもの分類

   ヤマノイモ → 日本が原産国 (自然薯)

   ヤマイモ → 古くより中国から渡来したもの (長芋・大和芋・つくね芋)

   ダイショ → 南アジア原産のもの (大薯) 

 

 ・大和芋(銀杏芋・仏掌)

   水分は少なめ、粘質・肉厚で関東から東海にかけて分布しています。産地は千葉県・群馬県。

   年間産出量は約2万トン。 

 ・長芋

   水分は多め(80%)、水管が縦に通っておりシャキシャキした食感があります。大和芋に比べると粘りは弱く

   有名な産地は青森・北海道になります。

   年間産出量は約10万トンで、現在最もポピュラーな山芋で、栽培されている山芋の約2/3がこの長芋です。

 

 やまいもの特殊成分

   ・アミラーゼ → デンプン(糖質)を分解し吸収しやすくする

   ・プロテアーゼ → たんぱく質を分解する酵素

   ・カタラーゼ → 癌などの原因になるとされる活性酵素を除去する酵素

 

◇ 変色について

   変色の原因はアク成分の一つにポリフェノール系物質があり、酵素と触れる事で酸化するためです。

 

◇ やまいもの特徴

   最大の特徴はイモ類で唯一、生で食す事ができます。

   上述の消化酵素は熱に弱く、活性が弱くなったり失活してしまいます。

   生で食す事で酵素成分を摂取する事が出来ます。

   また、すりおろしたネバネバの状態で食す事で、たんぱく質の代謝をスムーズにし、栄養素の消化吸収をよくする事

   になります。